「変わる報道番組 #アベプラ」にて、VOITERが紹介されました

「変わる報道番組 #アベプラ」
にてVOITERが紹介されました

 

インターネットテレビ「変わる報道番組 #アベプラ」の2021年9月7日放送回『聞こえるのに聞き取れない症状「APD」とは』にて、VOITERが『「聞こえ」の環境を改善してくれる最新機器』として紹介されました。

ご視聴はこちら

APD(聴覚情報処理障害)とは、聴力は正常であるにも関わらず、聞いた言葉の内容を理解することが困難という状態を指します。また、雑音の中では特に言葉が聞き取りにくいといった症状があります。

雑音環境下でも音声を自動でテキスト化できるのが、VOITERの強みとなっております。
VOITERは、「議事録ツール(業務負荷削減ツール)」としてのみではなく、「コミュニケーションツール」として皆様の日々の業務や生活をサポート致します。

海外の事例として、iFLYTEK関連企業では音声認識技術を使って聴覚障がい者の生活を支援しております。

詳しいご説明・ご要望などありましたら、下記問い合わせ先にご連絡ください。

<本件に関するご質問などは、こちらからお問合せ下さい>

Copyright 2021 iFLYTEK JAPAN AI SOLUTIONS