情報セキュリティ基本方針

iFLYTEK JAPAN AI SOLUTIONS株式会社(以下、当社)は、事業の中で取り扱うお客様の情報をはじめとする情報資産について、厳正に保護することを社会的責任と深く認識しております。情報漏えいリスクに対し抜本的、かつ高度な対策を講じることにより、高度情報社会における安全性・信頼性を確保するよう、「情報セキュリティ基本方針」を策定しました。

今後はこの「情報セキュリティ基本方針」および別掲の「プライバシーステートメント」を遵守して、セキュリティ上の脅威から情報資産を保護し、かつ適正に取り扱うことにより、情報セキュリティの維持に努めてまいります。

基本方針

1. 目的

情報セキュリティ管理体制の運用を適切に実施することにより、情報セキュリティ事故を未然に防止し、お客様ならびに社会との信頼関係を築くことを情報セキュリティ基本方針の目的とします。

2. 準拠法等

個人情報の保護に関する法律及び情報セキュリティに関連する法令、規制及びお客様との契約事項を遵守し、これを重要な企業活動のひとつと定めます。

3. 維持管理体制

情報セキュリティ管理責任者を設置することにより情報セキュリティに関する権限および責任を明確にします。これにより情報システムの状況を正確に把握し、必要なセキュリティ対策を迅速に実施できる管理体制を確立し、基本方針に基づく情報セキュリティの継続的な実施・改善を図ります。

4. 情報セキュリティ対策を徹底した情報システムの実現

情報資産に対する不正な侵入、漏えい、改ざん、紛失、破壊、利用妨害等の情報セキュリティ事故が発生しないよう、徹底した対策を反映した情報システムを実現していきます。情報システムで取り扱う情報データベースの限定、情報システムへのアクセス権の制限等、基本方針に基づき徹底的に管理する形で臨みます。

5. 適応範囲

適用範囲は当社の保有する情報資産及び情報資産に業務上接する当社役員、従業員、契約社員、外部委託先、協力会社を含む全ての者とします。

制定日:2020年12月1日

iFLYTEK JAPAN AI SOLUTIONS株式会社
取締役副社長 孫 嘉人

Copyright 2020 iFLYTEK JAPAN AI SOLUTIONS